【超音波診断装置】

アイビスでは7月31日より携帯から動画がみれる(エンジェルメモリー)を採用いたしました。

胎児スクリーニング

 

超音波診断装置】

当院では検診の際、毎回動画を撮影し、DVDをお渡ししております。

胎児心臓の動きをトラッキングし、胎児心拍数を自動計測します。
従来のドプラ法やMモード法に比べより安全で客観的な計測ができます。
また、経膣プローブでも可能なため、極めて初期の段階から胎児の成長を確認することができます。
染色体異常による流産の予測を心拍数の減少で予測できる可能性があります。

 

画質は胎児診断にとって重要です。
分解能の良い画像が、胎児体重計測や胎児心、脳の観察をサポートします。
また胎児の微細な血流を観察する上で有用です。

 

 商品説明サイトより抜粋



【4Dエコーとは】(当院では20週まで一度撮影いたします)

エンジェルメモリーでご覧になれます。

妊婦健診で行う超音波検査の一つ。お腹の赤ちゃんの様子を立体的に、なおかつリアルタイムの動画で見ることができます。タイミングや角度によっては赤ちゃんの表情やしぐさまでよく見えるので、ますます愛着がわくことでしょう。

 

【3Dエコーとの違い】

従来の3Dエコーとは、三次元(長さ・幅・奥行)の超音波でお腹の赤ちゃんの様子を見ることができるものです。画像としては立体的な静止画となります。
4Dエコーとは3Dに時間の概念を加えたもので、お腹の中で元気に動いている赤ちゃんの仕草や表情を動画で見られます。ただし、赤ちゃんの様子を楽しく見るためのもので、性別や異常の有無などを見るため検査はないことは理解しておきましょう。

 mamariサイトより抜粋